トップページ

○1億円チャレンジプロジェクト 概要

株式会社AMSの販売責任者・藤本京による1年間の億万長者チャレンジプロジェクト。
一年で一億円を稼ぐことができるノウハウを知ることができる。

<ポイント>

・ネットビジネスではない。

○ネットビジネスとは?

その名の通り、インターネットを使ってできるビジネスのこと。場所や時間に融通が利くため、主婦や学生でも簡単に始められる。副業として行うサラリーマンも少なく無い。
また、資本金がかからず、パソコンやスマホさえあれば誰にでもできるビジネスのため、ネット社会の現代では多くのネットビジネスが行われている。
ジャンルは主にオークション、アフィリエイト、ドロップシッピング、せどり、投資関連、インターネットショップなどがある。

<1億円チャレンジプロジェクトにおすすめの方>

ネットビジネスに興味はあるが、なぜかうまく稼げない方
パソコンが苦手、もしくはあまり使わない方
稼ぎたいがいい情報になかなか巡り合わない方
仕事も大変だが何をすればセミリタイアできるのかわからず、結局毎日なんとなく働いている方
生活のためでなく自分のためにこれから生きていきたい方
ネットビジネスでなくても1億円が手に入ればいいという方

上記に該当する方に勧められている。

<1億円チャレンジプロジェクトで得られるノウハウ>

ここまで話を進めると、
「じゃあ1億円チャレンジプロジェクトに参加したらどんなノウハウが得られるの?」って気になりますよね。
当方も実際に参加しているわけではないのであくまで予想なのですが、
まずネットビジネスでの情報商材ではないようなので、リアルでのビジネスに関するノウハウなのでしょう。
ネット上にも予想しているところが多いですが、どうやら競馬に関する情報はあるみたいですね。
一体どんな情報が得られるのか、それは参加してみないとわからないでしょうね。(当たり前か、、)

<1億円チャレンジプロジェクトで気を付けなければならないこと>

1億円チャレンジプロジェクトで気を付けなければならないこと(これに限ったことではありませんが)いくらノウハウを教えてもらったとしても結局は己にかかっているということです。
上手く使えばそれに見あった物やお金がてにはいりますが、そうでなければ…
ということは常に頭に置いて置かなければなりません。

<1億円チャレンジプロジェクトのビジネスモデルとは>

皆さん勘違いされがちですが、1億円チャレンジプロジェクトはただのよくあるネットビジネスの紹介ではありません。どうやらリアルビジネスのようでしてプロジェクトに参加するとその詳細が伝えられるそうです。ネットにあまり詳しくない方や、正直ネットビジネスはもうやりたくないと思っている方にとっては新しいチャレンジができるかもしれません。

<1億円チャレンジプロジェクトの人気>

1億円チャレンジプロジェクトにはこれまで4万人が応募をしたと言われています。
普通に働いて得られる生涯賃金は2億円程度と言われていますから、その半分の1億円を得られるとなれば納得の応募数ですね。
現在は応募を中止していますが、二次応募も予定しているとかいないとか。
二次募集を優先的に連絡してもらえるメールアドレス登録が公式ホームページから行える用になっています。

<1億円チャレンジプロジェクトの情報商材>

まず情報商材とは主にインターネット上で売買される情報のことです。
例えば「ダイエット方法」「筋トレ方法」みたいな体に関するケアの情報や「アフィリエイトで月○万円稼ぐ」みたいなネット上でのビジネスノウハウなどです。その種類は多種多様です。
ちなみに1億円チャレンジプロジェクトはネットで行うただのアフィリエイトではなく、リアルで稼ぐための情報商材を取り扱っているとのことです。これまでなかった新しい情報商材です。

<1億円チャレンジプロジェクトはリアルの人脈を活かすビジネス>

1億円チャレンジプロジェクトはこれまでよくあったアフィリエイトとは異なり、1億円チャレンジプロジェクトならではの方法でお金を稼ぐのだそうです。コミュニケーション能力を持っている人に有利なようです。営業や接客などの仕事をしたことがある人はチャレンジし易いかもしれないですね。

<1億円チャレンジプロジェクトは雑所得扱いになるので注意>

1億円チャレンジプロジェクトで得た収入は国内の株運用やFXとは異なりアフィリエイトと同様に45%という高い税金が発生します。
1億円チャレンジプロジェクトでは1年間で1億円を稼ぐという目標で参加者を募集していますが場合によっては1年に1億円ではなく、2年、3年で1億円の収入を目指したほうが税金は安く済むかもしれません。

<1億円チャレンジプロジェクトは副業ではない?>

1億円チャレンジプロジェクトは1年間で1億円を稼げる!と謳っていますが、1億円を稼ぐのはそう容易なことではありません。いくら1億円チャレンジプロジェクトで稼ぐためのノウハウを培ったとしても副業というレベルで1億を稼ぐ事ができるとは思いません。きっと本業と同じかそれ以上に努力することが必要になると思います。

<1億円チャレンジプロジェクトは完全紹介制>

1億円チャレンジプロジェクトは完全紹介制のため今回の募集を受けられなかった人は次回の募集を待つか、すでに会員の人に紹介してもらうしかありません。成功した人から次の人次の人…と成功の輪を広げていくイメージのようです。

<1億円プロジェクト当選者には>

1億円チャレンジプロジェクトの当選者には1億円を稼ぐために必要な考え方や姿勢を教えてくれる動画が添付されているようです。複数にわたって送られてくる動画で意識を高めて。さらにコンサルティングサポートも受けるチャンスがあるとのことです。

<1億円チャレンジプロジェクトのコンサルティングサポート>

1億円チャレンジプロジェクトでどのようなコンサルティングサポートが受けられるのかはわかりませんが、そのサポートをうけると普通の会員よりさらに1億円をゲットできる確率が上がるそうです。
最初の動画だけではノウハウを活かせるか分からない方はサポートを利用することをおすすめします!

<1億円チャレンジプロジェクトにもリスクはある?>

1億円チャレンジプロジェクトは費用面でのリスクが少ないと言われています。(資本金が必要ないため)実際のリスク面、費用面に関しては1億円チャレンジプロジェクトの藤本京氏が参加者にのみ詳細を伝えているようですし、その人個人の力量に左右されるところも多いでしょう。

<1億円チャレンジプロジェクトは夢を追いかける人に向いている?!>

1億円チャレンジプロジェクトは参加者の交友関係やコミュニケーション能力を活かしてお金を稼げるようになる。というふうに噂されています。人と話すのが好きであれば、お金を稼ぐために何をすれば良いか分からないという人も1億円を稼ぐことが出来るかも知れないのです。

<1億円チャレンジプロジェクトの企画者>

1億円チャレンジプロジェクトの企画人は概要に書いてある通り藤本京氏と土屋ひろし氏です。
藤本京氏はフェラーリ億万長者とも呼ばれています。土屋ひろし氏はネオヒルズ族としても有名です。
また、土屋ひろし氏は「闇金融ウシジマくん」という漫画の中のキャラクターのモデルになった人物と言われています。
土屋ひろし氏がモデルのキャラクターがいるのは「フリーエージェントくん」という回です。

<1億円チャレンジプロジェクトの注目度>

1億円チャレンジプロジェクトが世にでたのは2016年11月21日。そして1億円チャレンジプロジェクトの一次募集が締め切られたのは12月9日。その18日間で41,683名もの人が応募したそうです。実際何人の方が一次募集で1億円チャレンジプロジェクトに参加する事が出来たのかはわかりませんが、今も二次募集優先連絡を受けたいと公式ホームページからメールアドレスを送信する人が多いようです。

<1億円チャレンジプロジェクトは片手間にはできない?かもしれない件>

アフィリエイトときくと、本業の他に休日のや休み時間の少しの間、主婦のスキマ時間などなど短時間の中で稼ぐ!
というイメージを持ってる人も多いかもしれません。
しかし、1億円チャレンジプロジェクトは片手間に…というよりはキチンと本腰をいれてネットも活用しながら現実的に自ら動くと言うことが必要になりそうです。

<夢の一億円で将来安泰?>

一億円チャレンジプロジェクトと名前にはありますが、一億円が一般の生活をしている私たちにとってどれほどの大金であるのかきちんと考えましたか?
一般のサラリーマンの生涯賃金はおおよそ2億円と言われています。つまりこの一億円チャレンジプロジェクトではその半分を得られるほどのノウハウを身につける事ができるということです。
現実的でないと思う方もいるかもしれません。しかし、何事も実践することが大切です。

  • 最終更新:2017-06-20 14:34:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード